先輩社員について

先輩社員について

総括 酒井友香里

徹底的に基本にこだわり
お客様が求める“ファミマ”を実現する。

明るいあいさつとテキパキとした対応、清潔な店内、欲しいものがすぐに見つかるレイアウト…。今コンビニは町にあふれていますが、結局お客様が求めているのはこうした基本的なサービスなんじゃないか。10年近くコンビニ業界で働いてきて、そう思うようになりました。でも、これらを徹底するのは簡単ではありません。私は広島市内5店舗を統括する立場ですが、基本の大切さを店全体に浸透させる難しさを毎日痛感しています。
いま私が大切にしているのがスタッフとのコミュニケーション。普段、会話のない人からアドバイスを受けても、心に響かないでしょう。だから担当店舗を回る際には、スタッフ全員に声を掛けるようにしています。スタッフ一人ひとりの丁寧な接客・心地よいサービスがお店を活気づける。そんなスタッフのいるお店を、お客様は必ず評価してくれる。この思いを、根気よく伝えていきたいと思っています。

担当店は現在5店舗。店長として店を切り盛りしてきた経験とノウハウを伝え、人を育てるのが仕事。

「あいさつ・清潔・整理という基本ができていない店は伸びない。その意識付けをいつも心掛けています」。

店長 小林泰之

法人店舗運営の強みを活かし、
経験を積んでいきたい。

他店での経験を自店でも応用して活かしたい。

業務内容は基本の接客をはじめ、商品・売り場管理、発注・精算等、多岐に渡ります。まだ経験は浅いですが、良かったと思える事は、他店の先輩方やスタッフの方々との出会いです。自店での経験はもちろん他店での経験は刺激が多く、自店で応用して生かすなど学ぶことがたくさんあります。この点は法人店舗運営の強みでもあり最も大切にしていきたい点でもあります。

準備期間を含め、スタッフが一丸となれた。

有名アーティストのコンサート時に売上を達成したことが心に残っています。 一か月に及ぶ事前の打ち合わせから発注、シフトの人数調整等さまざまな準備を行い、驚異的な客数にスタッフも一生懸命対応し、店が一丸となりました。 また地域との関係性も重要であり、今後はお年寄りや児童が安心して来店できる店舗にしていけるよう励みたいです。